チャット無料比較タイピング 素人 セレブテレホン結果書き込み 人妻 体験 テレクラ FAIRY FETISH 茨城県

0

ライター「ひょっとして、芸能人を目指している中で売れたいと思っている人って、サクラで生活費をまかなっている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(とある業界人)「そうだと聞いています。サクラのお金稼ぎって、シフト比較的融通が利くし、私たしみたいな、急に代役を頼まれるような職に就いている人種にはお互いにいいんですよ。予測不可の空き時間にできるし、一風変わった経験の一つになるし…」
C(とある有名アーティスト)「経験になるよね、女性としてやりとりをするのは難しいけど我々は男だから、自分の立場から言ってほしいことを相手に言えばいい訳だし、男性の気持ちをわかっているから、男も簡単にだまされますよね」
A(メンキャバ従業員)「想像以上に、女性でサクラの人は男の心がわかってないから本当のところを言うと下手っすよね」
ライター「女性のサクラより、男のサクラの方がよい結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「はい、そうです。優れた結果を残しているのは大体男性です。なのに、僕は女の人格を作るのが下手くそなんで、いつも怒られてます…」
E(芸人の一人)「基本、正直じゃない者が成功する世界ですね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…俺なんかも苦労してます」
ライター「女キャラクターを演じるのも、相当苦労するんですね…」
女の子の人格のやり方についてのトークで盛り上がる彼女ら。
会話の途中で、ある発言をきっかけに、自称アーティストのCさんへの興味が集まりました。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。