ーチャット録画 チャット テレクラ インターネット 電話エッチする女携番 チャット ー 人 妻 せっ くす 韓国 無料 潮噴き Live

0

D(キャバクラで働く)「ブランド物のバッグとか、ねだればよくないですか?わたしなんて何人かに同じプレゼントを頼んで自分のとほかは売っちゃう」
筆者「まさか!プレゼント現金に換えるんですか?」
D(キャバクラで働く)「びっくりしてるけど皆も売却しますよね?クローゼットに入れてても宝の持ち腐れだし、シーズンごとに変わるのでコレクションにされるなんてバッグは使うものなので」
E(十代、国立大の女子大生)ごめんなさい。わたしなんですが、オークションに出品しますね。」
C(銀座のサロン受付担当)「ライブチャットを使ってそんなお金儲けしているんですね。私はまだまだお金に換えたりとかはないです」
筆者「Cさんに質問します。ライブチャットを通してどんな人とメッセージのやり取りをしたんですか?
C「お金につながるような誰もからももらってないです。全員、気持ち悪い系でデートとかはどうでもいいんです。わたしの話なんですが、ライブチャットについてなんですが、お付き合いがしたくて考えていたのに、体目当ては困りますね」
筆者「ライブチャットを使って、どういう相手を知り合いたいんですか?
C「調子乗ってるって思われそうですけど、お医者さんとか法律関係の方とか国立大在学中の将来も安泰な相手を見つけたいです。
E(国立大に在学中)わたしはですね、国立大に在籍中ですが、ライブチャットを見ていても出世しそうなタイプはいる。問題は、大抵はパッとしないんですよ。」
インタビューを通じて判明したのは、趣味や嗜好に偏りの激しい男性をネガティブな印象のある女性がどうやら多数いるということです。
オタク文化が一般化しつつあるように思われる日本ですが、まだオタクを恋愛対象として感覚は薄いようです。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。