段違い チャットレディ レズ 素人 人妻無料 テレホン人妻 LINEグループ セフレ

0

質問者「もしや、芸能人の世界で有名でない人って、サクラをメインの収入源としている人が多いものなのでしょうか?」
E(とある芸能人)「はい、そうですね。サクラで収入を得るのって、シフト融通が利くし、私たしみたいな、急に仕事が任されるような仕事の人種にはどんぴしゃりなんですよ。事前に読めない空き時間にできるし、他じゃできない経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「ありがたい経験になるよね、女性を演じるのはなかなか大変だけど我々は男目線だから、自分がかけられたい言葉を向こうに投げかけてやればいい訳だし、男の気持ちをわかっているから、男も容易に食いつくんですよね」
A(メンキャバスタッフ)「意外な話、女でサクラの人は男性客の心理がわかってないから正直なところを言うと下手っすよね」
筆者「女のサクラより、男性のサクラの方がより適しているのですか?」
D(芸能事務所在籍)「はい、そうですね。秀でた結果を残しているのは大体男性です。といっても、僕なんかは女性キャラクターを作るのが上手くないので、いつも叱られてます…」
E(ある芸人)「基本、正直じゃない者が成功するワールドですからね…。女性になりきるのが思いのほか大変で…僕なんかも苦労してます」
ライター「女キャラクターをやりきるのも、色々と苦労するんですね…」
女の子のキャラクターのどのようにしてだましとおすかのトークで盛り上がる彼女ら。
その会話の中で、ある発言をきっかけに、自らアーティストと名乗るCさんに視線が集まりました。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。