電話 エッチ テレビ ライブチャット サイト 外人とライブチャト テレフォン 最新 完全無料 外国人 うつ伏せー コスプレエロライブチャット 電話エッチ アプリ

0

D(ナイトワーカー)「有名ブランドのバッグなんて頼んだらちょろくないですか?わたしは、数人に同じの注文して1個除いて売る用に分けちゃう」
筆者「そうだったんですか?もらったのに売り払うなんて…」
D(キャバクラで稼ぐ)「それでもふつうオークションだしますよ。残しておいても何も意味ないし季節で売れる色味とかもあるので、物を入れるためのメーカーだってうれしいでしょ?」
E(十代、国立大学生)信じられないかもしれないですが、わたしなんですが、トレードしますね」
C(銀座サロン受付)「ライブチャットってそういった儲かるんですね…私は一回も何かプレゼントされたりとかはないんですよ」
筆者「Cさんにもっと聞きたいですね。ネットの出会いでどういう異性と関わってきましたか?
C「プレゼントをくれる誰もくれませんでした。多くの場合、写真とは違うイメージで体目的でした。わたしはですね、ライブチャットについてはまじめな気持ちでやり取りを重ねたのに、いきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「ライブチャットにアクセスするのはどういった異性と探しているんですか?
C「理想が高いかも言えば、医療関係者とか弁護士の方とか国立大学にいるような将来性のある男性が目当てなんです。
E(国立大に通う)わたしも、今は国立大にいますが、ライブチャットの中にもエリートがまざっています。かといって、恋愛対象ではないですね。」
ライブチャットを見ると、オタクを抵抗を感じる女性はなんとなく多めのようです。
オタクの文化が広まっているかに思われがちな日本でもまだ単なる個人の好みという認知はされていないと至っていないようです。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。