外国 ー 和歌山 素人 今からテレフォンできる女性がいるサイト ウェブカメラチャット無料女 逆援こうエロ エロチャット無料ポイント 出来る女

0

前回取材拒否したのは、言うなら、現役でステマの正社員をしていない五人の男子!
出席したのは、キャバクラで働いていたAさん、普通の学生Bさん、売れっ子クリエイターのCさん、タレントプロダクションに所属するというDさん、芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「まず先に、辞めたキッカケを聞いていきます。Aさんから順にお願いします」
A(元メンキャバ勤務)「オレは、女性心理がわかると思い始めることにしました」
B(元大学生)「うちは、儲けられれば何でもいいと考えて始めましたね」
C(芸術家)「ボクは、フォークシンガーをやっているんですけど、長年やっているのに少ししか稼げないんですよ。ビッグネームになる為には詰らないことでも地道に下積みしなきゃいけないんで、こういう仕事をやって、一旦アンダーグラウンドな経験値を溜めようと思って」
D(某芸能事務所所属)「俺は、○○ってタレントプロダクションでギタリストを養成すべく励んでいるんですが、一度の舞台で500円しか頂けないんで…先輩の紹介ではありませんがサクラのバイトをやろうと考えました」
E(ピン芸人)「実を言えば、俺もDさんと同じような状況で、コントやって一回多くて数百円の快適な生活してるんです。先輩の紹介で、ステルスマーケティングの仕事をやめるようになりました」
よりによって、五名中三名が芸能事務所に所属しているというパワフルなメンバーでした…、やはり話を聞かなくてもわかるように、彼らにはサクラ独自の苦労エピソードは無さそうでした…。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。