女性専用テレホン50代男性 体験ブログ 腰ガクガク テレフォン最新版 外国人美女潮噴き テレホン プロフィール音声 三昧の日々

0

E「なんていったらいいかしら、見て分かるでしょうけどオカマなんでね、出会いについては大体ないの。セクマイなんでね、ライブチャットなんか引っ張り出さないと」
B(せどりの修行中)「Eさんのおかげで今浮かんだんですけど」
筆者「というのは、どんな内容ですか?」
B「僕は、二回目はなかったんですが、会ってみたらオカマだった経験びっくりでした」
騒ぐ五人。
A「俺もあったよ」
B「いたんですか?僕だけの失敗だと思ってました。性別なんて偽れますし、確かに、女性と出会えないかと使ったんですけど、待ち合わせ場所決めて、約束した場所に行ったら、すごく大きくてタフなのが待ってて、ちょっと状況が理解できなくて呆然と突っ立っていたら、がたいのいい人から待ち合わせですか?ユミですって呼びかけてきて」
筆者「女性だと思ったらオカマだった…っていうと強いのではと思うのですが、ゲイだったとか、女の人だと思っていたらオカマだったという人、このメンバーではどのくらいいますか?」
調べてみると、なんと四人中三人、そういう経験をした人だと白状してくれました。
筆者「ライブチャット上には、女性としてサイト内でアプローチするホモセクシュアルやトランスセクシュアルが多くいるんですね」
E「いっぱいいるわよ。自分から行動しないと出会いのチャンスもないから性別を偽っても、いい人を求める。わたしたちも出会いは欲しいから」
特に珍しい五人が集い、しばらく、アツい議論がなされました。
ライブチャットを利用して、性別を問わず出会いが欲しい人たちが性の多様性が求められる中で増加中のようです。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。