メル友電話掲示板 言葉責め テレフォン ー見せ合い チャット でエッチの テレクラ テレフォン 古河 はやどり

0

ライブチャットを利用する人々にお話を伺うと、ほぼ全員が、ただ人恋しいという理由で、一瞬の関係が築ければ構わないと言う捉え方でライブチャットを選択しています。
平たく言うと、キャバクラに行くお金を出したくないし、風俗にかけるお金も出したくないから、無料で使えるライブチャットで、「乗ってきた」女の子で安上がりで間に合わせよう、と思う男性がライブチャットのユーザーになっているのです。
他方、「女子」サイドは少し別の考え方を包み隠しています。
「熟年男性でもいいから、服も買ってくれて料理がおいしい人を彼氏にしたい。ライブチャットなんてやってるおじさんはモテそうにないような人だから、美人とは言えない自分でも思いのままにできるようになるわ!思いがけず、イケメンの人に出会えるかも、バーコード頭とかは無理だけど、タイプだったら付き合いたいな。女性のほとんどがこのように考えています。
簡単に言えば、女性は男性の外見かお金がターゲットですし、男性は「安い女性」を狙ってライブチャットを役立てているのです。
両方とも、できるだけ安価にお買い物がしたくて出会いを欲しているようなものです。
そうやって、ライブチャットを活用していくほどに、おじさんたちは女を「商品」として捉えるようにになり、女も自らを「もの」として取りあつかうように曲がっていってしまいます。
ライブチャットを利用する人の考えというのは、女性をじわじわと意志のない「物質」にしていくようなアブノーマルな「考え方」なのです。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。