無料ライブチャット放送局 福岡市素人 アダルトチャット テレホン 福岡体験談 電話 経験 テレフォンは淫行

0

今日は、ライブチャットのユーザーである十代から三十代までの女性5人に取材を行いました。
メンバーについては、夫だけでは満足できないA、3人の男性と同時進行しているギャルB、水商売のD、それから、現役大学生のE。銀座にある反射療法のサロンで応対をしているC、
実をいうと、三十代の女性だけに取材を行いたかったんですが、ドタキャンが入ったために、早々と駅前で「ライブチャットに関するインタビューに協力してもらえないか」と数十人の女性にトライして、いかがわしい声掛けにも快く協力してくれた、十代のEさんもメンバーに加えました。
一番に、筆者が何か言う前に質問を始めたのは現在三股をかけているBさん。
B(三十代のギャル)「ライブチャットについては、「皆どういう経緯でアカ取るんですか?私はお金目的で今は三股してます」
楽しくてたまらない様子でおしゃべりが止まらないBさんに、あとの女性も尻込みしながら自分の体験談を語り始めました。
結婚しているA「私に関しては、ただ単に主人だけだと寂しくて利用し始めたんですよ。友達が知ったらとんだ不貞妻でしょうけど、ライブチャットはやめられないですね。」
B「ちょっとでもアクセスしたら止まらないですよね」
筆者「ATM探してライブチャットに書き込む考えの女性は割といる?」
B「それ以外でハマらないですよ」
それから、キャバクラ嬢をしているDさんがぽつりと、男性目線ではけっこうひどいことを発言をしました。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。