ライブチャット彼氏無料 無料無修整流出人妻 できる電話番号 妻テレホン楽しみを覗く ライブチャット2人 女装オナ二ー

0

本日インタビューできたのは、実は、以前からサクラの契約社員をしていない五人の男子!
集結したのは、メンズキャバクラで働いているAさん、貧乏学生のBさん、芸術家のCさん、某芸能事務所に所属しているはずのDさん、芸人に憧れるEさんの五人です。
筆者「では、取りかかるキッカケから聞いていきたいと思います。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(元メンキャバ就労者)「僕は、女性の気持ちが理解できると考え始めたいと思いました」
B(現役大学生)「小生は、稼げなくてもいいと思えず始められませんでしたね」
C(音楽家)「私は、歌手をやってるんですけど、まだ始めたばかりなんでそこそこしか稼げないんですよ。食えるようになる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みすべきだと思い、こういう体験をして、当分アンダーグラウンドな経験を蓄積しようと思って」
D(某音楽プロダクション所属)「俺は、○○ってタレント事務所でパフォーマーを目指しつつあるんですが、一回の出演で500円ぽっちしか貰えないんで…先輩から紹介を受けたサクラのバイトを仕方なくやってるんです」
E(若手ピン芸人)「実を申せば、わしもDさんと近い状況で、1回のコントでたった数百円の貧しい生活してるんです。先輩に紹介していただいて、ゲリラマーケティングのバイトをしなければと考えました」
たまげたことに、五人中三人ものメンバーが芸能プロダクションに所属しているという華々しいメンバーでした…、それなのに話を聞かなくてもわかるように、五人にはサクラ特有の悲しいエピソードがあるようでした…。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。