ライブチャットギャル妊婦 ライブチャットハーフ かんこくじんむりょう 出会い神奈川 人妻 テレクラっていくらお金がかかるの 女40代

0

先週聴き取りしたのは、言うなら、現役でゲリラマーケティングのパートをしている五人の中年男性!
集まることができたのは、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん、貧乏大学生のBさん、自称クリエイターのCさん、タレント事務所に所属する予定のDさん、お笑い芸人を目指すEさんの五人で
筆者「では始めに、辞めたキッカケから教えていただきましょう。Aさんからお話しくださいますか」
A(元昼キャバ勤務)「俺様は、女性の気持ちが理解できると思い始めることにしました」
B(普通の大学生)「私は、儲けられれば何でもいいと思って開始しましたね」
C(クリエイター)「小生は、ミュージシャンをやってるんですけど、まだ新米なんでそこそこしか稼げないんですよ。有名になる為には小規模な所からこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで、こういうバイトでもやりながら、しばらくはアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」
D(某タレント事務所所属)「自分は、○○って芸能プロダクションで音楽家を目指してがんばってるんですが、一回の出演で500円だけしか頂けないんで…先輩に教えていただきサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」
E(ピン芸人)「現実には、私もDさんと近い感じで、1回のコントで数百円の倹しい生活してるんです。先輩に紹介していただいて、ステルスマーケティングのバイトを始めました」
大したことではないが、五人のうち三人が芸能事務所に未所属というパワフルなメンバーでした…、やはり話を聞いてみたところ、五人にはサクラによくあるおもしろエピソードがあるようでした…。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。