smチャットラブ 素人 カップルチャット テレクララブコールの料金支払い方法 群馬県 iPhone、Android対応のえろチャット 携帯ライブチャット

0

ライター「ひょっとして、芸能人で下積み時代を送っている人ってサクラを仕事にしている人が多く見受けられるのでしょうか?」
E(業界人)「そうだと思われます。サクラの役って、シフト比較的自由だし、俺みたいな、急にショーの予定が入ったりするような職業の人種には正に求めているものなんですよ。不規則な空時間にできるし、興味深い経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「人生経験になるよね、女としてやり取りをするのは難しいけど我々は男性だから、自分の立場でうれしい言葉を向こうに送ればいい訳だし、男性心理はお見通しだから、男も簡単に飛びつくんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「逆に言えるが、女性でサクラの人はユーザーの心理がわかってないから本当は下手っすよね」
筆者「女のサクラより、男性のサクラの方がより成績が上なのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「そうとも言えますね。優れた成績を残しているのは大体男性です。ところがどっこい、僕は女のキャラクターを作るのが上手じゃないので、いつもこっぴどく怒られてます…」
E(とある人気芸人)「お分かりの通り、正直者がバカをみる世の中ですからね…。女性になりきるのが結構大変で…僕も苦労してます」
ライター「女の子のキャラクターをやりきるのも、思った以上に苦労するんですね…」
女の子の人格のどう演じるかの話に花が咲く一同。
会話の途中で、あるコメントをきっかけに、自称アーティストであるというCさんに好奇心が集まったのです。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。