テレクラに電話する女性の気持ち体験談 スマホ ロシア美女のライブチャット 露出 北九州 エロ チャット常連

0

D(キャバクラで働く)「ブランド物のバッグとか、欲しがったらけっこういけませんか?わたしとかは、何人かまとめて同じプレゼントを頼んで自分のと全部売却」
筆者「そうなんですか?プレゼントなのに売却するんですか?」
D(キャバクラで稼ぐ)「けど、ふつうお金にしません?ワードローブに並べたってどうにもならないし流行遅れにならないうちに売り払った方がバッグだってうれしいっしょ」
E(十代、国立大学生)ショックかもしれないですが、わたしもなんですけどお小遣いに変えますね」
C(銀座のサロンで受付担当)ネットの出会いでそんな稼げるんだ…私はまだまだブランドのバッグなんてねだったこともないです」
筆者「Cさんに質問します。ライブチャット上でどういう男性とおしゃべりしたんですか?
C「高級レストランすら相手には巡り合ってないです。ほとんどの人はいつもは女の人と縁がないんだろうなって雰囲気で、女の人と寝たいだけでした。わたしについては、ライブチャットでもお付き合いがしたくてメッセージ送ったりしてたのに体目当ては困りますね」
筆者「ライブチャットを使って、どんな出会いを期待しているんですか?
C「要求が高いかもしれないですけど、医者とか法律関係の方とか国立大在学中の出来のいい人を探しています。
E(国立に籍を置く)わたしは、国立大で勉強していますが、ライブチャットだって、同じ大学の人もいておどろきます。言っても、ほとんどはイマイチなんです。」
ライブチャットの特徴として、オタクについて遠ざける女性はどうも少なからずいるようです。
サブカルに広まっているかに思われがちな日本でもまだ単なる個人の好みという認知はされていないとないのではないでしょうか。

関連記事

コメントは受け付けていませんが、トラックバックとピンバックは利用可能です。